脱毛ワックスと脱毛クリーム

脱毛は自宅で行うという人が多いと思います。
そのうちのほとんどの人はカミソリや毛抜きを使うことでしょう。

しかし、自宅でできる脱毛には脱毛ワックスや脱毛クリームといった方法もあります。
それぞれのメリットやデメリットとはどのようなものでしょうか。

まず、脱毛ワックスというのはミツロウやパラフィンなどでできたワックスを皮膚に塗り、
固まってから一気にはがすことで脱毛する方法です。


ワックスは固形の油でできています。
温度を上げると軟らかくなり、温度を下げると粘着性が強くなるため、
無駄毛と絡んではがし取ってくれるわけです。

腕や足に限らず、まゆ毛や鼻の下、うなじや背中などにも使用しやすい脱毛方法です。

脱毛クリームとは化学成分で毛を溶かす脱毛方法です。
手軽にできますが、肌が弱い人には使えない方法のため、パッチテストを行いましょう。

さて、脱毛ワックスのメリットですが、
これは一度で広範囲の無駄毛を一気に脱毛できるという点でしょう。
費用の安さと古い角質を取ってくれるという点もメリットの一つです。

しかし、痛みが強く、無駄毛が短いうちには処理できないため、
次に使用するときにはまた無駄毛を伸ばす必要があるのはデメリットでしょう。

脱毛クリームのメリットは痛みがなく、毛の断面が太くならないことでしょう。
しかし、皮膚への影響が懸念されます。
また、表面に出てきた毛を溶かすだけのため、すぐ毛が伸びてしまうのもデメリットの一つです。

ワックスもクリームも一時的な脱毛でしかありません。
本格的な脱毛を望むなら脱毛サロンを検討してもいいと思います。